【レビュー】登山・キャンプ用マット、NEMOのTENSOR-20Rは超コンパクト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ用品レビュー

ども、さくぽんです。

さくぽん
さくぽん
キャンプブロガー兼Life FREEKs代表。
ブログでの初心者向けの情報発信を企てた人。
もっと英語を頑張ります。色んな人と話がしたいです。

ニュージーランドでお気に入りだったISUKAのマットが壊れて以来の小型マットの購入レビューです!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

【レビュー】NEMOのTENSOR-20R

ソロキャンプやキャンプ旅用に使うコンパクトなマットを探し続けて、結局NEMOのTENSORにしました。

結論から言うと、空気入れるの大変だけど、寝心地はいいし、収納性は抜群!という評価です。

では、レビューしていきますね。

使い方、収納サイズ

こんな感じで収納されてます。

サイズ感は500mlのペットボトルより気持ち大きい程度です。重さは305g。

ヤマケン
めちゃくちゃ小さくてビビりました。

今まで僕が使っていたISUKAやモンベルのマットなどとは違い、中にウレタンマットが入っていないタイプのマットレスです。

先日たかにぃがレビューしてくれたマットと同タイプです。

ヤマケン
エアーマットってやつですね。

空気だけで厚さをつくるので、ぶっちゃけ空気を入れるのはめちゃくちゃ苦労します。

僕は身体全体が覆える183cm(小さいやつは120cm)を選んでしまったので、必要な空気量が多く大変でした。

ざっくり、20回くらいおもいっきり息を吹き込んで膨らませます

 逆止弁がついているので、空気を入れてバルブを締める動作自体は簡単です。

でも、いかんせん入れる量が多すぎるので大変。そこがこのマットのデメリットです。

ヤマケン
頭痛いけど寝心地の為!!って言いながらやってましたね笑

メリット

なんでこのマットを選んだのかというと「収納サイズが小さいのに厚さ7.5cmにもなるから」でした。

実際に使ってみて、想像通り収納サイズは小さいのに、寝心地いいです。

ヤマケンにも試してもらいましたが、想像以上に寝心地いいとの評価です。

ヤマケン
めちゃくちゃ良かったです。エアーだから床づき感とかすごいと思ってたけど、宙に浮いてる感というか。路面の影響こんなに受けないのレベルでした。

人間が乗った状態で、底にあたる感じ(地面に身体がついてしまう感じ)はありません。

結構な厚み(7.5cm)です。

この厚みを、わずか305gで収納サイズは500mlのペットボトル程度(20cm☓8cm)で実現してくれてるのが一番惹かれた理由です。

バックパックに入れやすいので、ソロキャンパー向きでもあります。

ちなみに、エアマットは床冷えが心配されてますが、このTENSORには中にエマージェンシーシートのようなフィルムが入っているでの、ある程度のところまでは寒さに耐えられるというところも、荷物を減らしたいソロキャンパーに最適です。

ヤマケン
このモデルも寝てるとじんわり暖かったです。
たかにぃ
収納サイズがここまで小さくて厚み7.5cmはかなり魅力ですねぇ。雪中キャンプで試してみたい(笑)

デメリット

デメリットは2つあって

  • 空気を入れるのが大変
  • たたむのがちょっと面倒

という2点です。

空気入れに関しては、先に述べた通りです。それ用の空気入れ道具もありますので、それを使うのも1つの手だと思います。

ただ、どっかのレビューでもみたのですが、これを登山でもって行って、テント場であんだけの量の空気を入れると頭がくらくらする、っていうのは、実際に使ってみるとものすごくわかります。

これ、山では使いたくないです。

ヤマケン
使いたくない笑

そして、たたむのが面倒くさい問題。

下の方から地道に折りたたんで空気を抜いていきます。面倒くさいっていっても、比較的簡単なインフレータブルマットに比べて、ということなので超面倒ってほどでもないです。

っが、大変といえば大変です。

マットなので、穴が空いてしまうと意味がなくなってしまうのですが、当然リペアキットが付属していますし、何度か使った感じそんなに簡単には壊れない感じではあります。

ヤマケン
後は幅が狭いというか、本当身体ピッタリの幅なので、寝返りうちまくる人や寝相があまり良くない人は微妙かもしれない。

値段

お値段なんと税抜き16,000円・・・高い。マジで高い。

ただ、この辺のマットを探そうとすると、NEMOやTHERMARESTあたりはほとんどこれくらいのお値段になってしまいます。

そう考えると、たかにぃのクライミットのマットは1万ちょっとで買えるので、そっちの方がコスパはいいのかもしれません。

ちなみに、このTENSORのさらに上のスペックのもの、中に冷えを防ぐためのフィルムが追加で入っているものがあります。お値段2,500円くらい高くなりますけど。

ヤマケン
たっけぇなぁ・・・バックパックでキャンプするとか、テン泊で登山する人向けかー

まとめ

ってなわけで、NEMOのTENSOR-20Rのレビューでした。

お値段も高いですし、扱いにくいエアマットなので、万人にウケる様なキャンプ道具ではないかと思います。

僕みたいに、ソロキャンプに行くことが多かったり、移動が多くて収納をコンパクトにしたい、旅人タイプの人にオススメのマットです。

たかにぃ
このマット、メーカーさんは4℃~-1℃が最低使用可能温度域と謳っているので、冬もイケそうですなぁ♪

 


У нашей организации интересный веб сайт со статьями про Металлочерепица Монтеррей eurobud.com.ua
この記事を書いた人
さくぽん

佐久間亮介(さくぽん)1990年3月生まれ。
このブログの発起人。日本テレビ【ヒルナンデス!】をはじめテレビ出演も多数。雑誌や業界誌でライターもやっております。

よかったらフォローしてくださると大変喜びます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
キャンプ用品レビュー寝具関係
シェアしてくれると凄く喜びますのでお願いします!
人生の旅人 bulgaristanuniversiteleri!!

みんなのコメント!

スポンサーリンク